輸入物販アドロジ 成功する人 失敗する人

輸入物販アドロジ 成功する人 失敗する人
LISA141018377467_TP_V.jpg

何でも事業や仕事ってそうですが、同じように始めても、成功する人失敗する人って分かれますよね。

もう1年以上輸入物販アドロジを続けている私が、自分なりに
成功する人、失敗する人の違いを考えてみました。

どうやら、はじめてから3か月の間をどう過ごすか、のようです。

始めたばかりのころは、みんなやる気満々です。
初期費用も覚悟を決めて投入していますから、とにかくやる!の意志のみです。

当たり前なんですが、はじめは誰でも初心者なので、リサーチにも時間がかかるし、
何が売れるのか、安いのか、見当がつかないことが多いです。
きちんとマニュアルはありますが、思うようにいかないことも多々あります。

で、3か月が経とうとするころ・・・
うまく回せていない場合、初期費用が回収できるのか?という不安が出てきます。
せっかく投入した初期費用です。稼ぐために始めた輸入物販です。
心配になるのは、当たり前だと思ってください。
なぜなら・・・

のちの成功者も、「この時期は不安だらけだった」という人が多いです。

でも、のちにちゃんと軌道に乗せることができているんですね。



わからないことのたびに、担当者に質問したり自分なりに考えたりするのを
辞めなければ、必ず成功の方向へ向かっていっています。
その途中なだけです。
失敗する人は、この成功へ向かう途中で「やっぱりこんなん無理」と結論付けてしまう、あきらめの良い(?)人です。

物事の途中は誰でもいろんなことがある。でも最終的に自分はうまくいく。

この信念を前提にしていれば、「いまするべきこと」はわかります。

そもそもこの仕事は、消費者がどんなものを買いたいか?ということと切っても切れない関係です。
生きている以上、誰でも消費者になるので、自分がその消費者目線に立つことは簡単にできるんです。
その目線を持っていれば、おのずとわかってきます。
この辺は割と感覚の部分が多いのですが、皆さんそれぞれに自分の分野ができてくるようです。
それを踏まえて、わからないことは聞きながら、調べながら、続けていくことです。

ただ、物販というのは「28(にっぱち)は苦戦する」というように、2月8月はどうしても消費が冷え込みます。これは、素人でもプロでも同じ条件です。
それを考えて、刈り入れ時には一気に行く。
年間通してうまくいけばそれでいいんです。

なので・・・
もし、この初期の流れに乗っていない時期を少しでも楽に乗り切りたいのであれば、
この2月8月が始めの3か月にかからないように始めるのがいいかな、と思います。
(私は時期とか何も考えずに始めたので、はじめは普通に苦労しました。後で考えたら、2月8月の低迷期をどう乗り切るかって初心者のメンタルにはとても重要でしたね・・・)

けして負けたくないのなら、決してあきらめない人間になろう。
「あきらめる」ことを「あきらめた」人間には、誰も勝つことができない。
例えすぐには勝てなかったとしても、あきらめなければあなたはいつか成長し、大きな成果を使えるはずだ。

輸入物販アドロジを1年以上やっていますが、慣れてきても困難は起こります。
そんな時この言葉を自戒を込めて思い出しています。



資料請求することで、初期費用や流れがさらにわかります。
ここから説明会に進むかどうかは完全に任意なので、
まずは資料請求して納得いくまで検討することをお勧めします!

返済不要の助成金や、初期費用について
も、詳しく載っていますよ!

少しでも知ろうとするための行動を起こすことって、とても大事だとつくづく思います。